FC2ブログ

ラストニャンズスタンディング~ Last Nyanz standing~

猫絵描き@neupyの花のイラストと「銀魂」ヘタレらく描き。

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

≫ EDIT

「こたろう」のその後をもう少し。

くうちゃんを描いています。

20190728_001.jpg
くぅちゃん下描き。


このお手々がね。
可愛くて♪

猫の手って。
ぐーみたいに思えるけど。

案外。人の手に似ていて。
わりとパーに近いと思っています。ww









追記は
ツイッターでいうところの。
以降。微妙にセンシィティブな記事です。

具合のよくないこたろうの状況についてです。

読まなくてもだいじょうぶです。





≫ Read More

スポンサーサイト



| 未分類 | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入院3週間日目。ツムツムこたろうくん。

仔猫の名前を「ツムツムこたろう」くんと名付けました♪
女の子だけどねw。




20190714_001.jpg
【ツムツムこたろう。】


手足が細くてね。
ひょろひょろって。






今日でもう入院3週間目。



生後3か月なのに500gに満たない体重の。この小っちゃい「ツムツム」は。
数時間ごとに高カロリーの流動食をたべさせてもらい。
それを吐き戻さないよう。
縦抱っこになるよう。
看護師さんの首から胸へ吊り下げられた
可愛い小っさいポシェットに入れられて。

看護師さんにだっこされながら
「そのコはなぁに?」「こたろうくんですよ~。病院で面倒をみてるんです~。」と。
受付に立っているそうです。カワユス💛




この。10年来お世話になっている獣医さんは。
みかん。みうこ。ひよこ。ももた。サカタくん、と。
みんなお世話になっている獣医さんで。
ツムツムも。サカタも。
この獣医さんのご紹介で里親になりました。


20190710_002.jpg
うちに来て3日目くらいの【ツムツムこたろう。】






そして。一昨日。

残念ながら。この「ツムツム」を。
この獣医さんに生涯預かっていただくことになりました。
里子に出したということです。・・





ただでさえ神経質なこの仔猫さんに。
日々。数時間ごとに流動食を食べさせ。
具合が急変したら病院へつれて行くなとどいうのは無理・・;

かかりつけで入院費はお安くしてくださるとはいうものの。
それなりに費用はかかり・・・

先生に相談したところ。

ウチで預かりましょうか?と。
仰っていただけたので・・。







20190710_001.jpg



保護猫で生まれたのは先生もご存じ。
母猫さんがしっぽを噛んでしまって通院。→うちのコになる。という
経緯も全部知ってらっしゃるので。


せっかくのご厚意を受けさせていただきました。










元気でうちにいたのはたった3日間くらいで。

治りかけたしっぽを自分で噛んでしまい。また重症化させてしまい・・。



早朝。
「ヴ~ヴ~・」という唸り声に起こされて。見たら。
しっぽが痛いから振り回して。振り回すから床に叩きつけて。
あまりの痛さにびょんっ!!と飛び跳ねて頭から落ちて白目をむき・・;

白目をむいて数分。放心城代になり
ようやく疲れて眠るか・・  と思ったら。
しっぽがたれて床についたとたん「ぎゃ!」っといって。また走り出すという。

早朝ゆえに。
獣医さんもまだ開いていなく。この田舎には動物のための救急病院もなく・・

獣医さんが開業するまでの数時間
・・・もう悪夢のようだった;












今回はじめて。
ペット保険に必要性をしみじみ感じました・・。
もちろん。サカタのための猫貯金はしているけれど。
今回のように3週間も入院。そして手術なんて。
十分な治療をしてあげるためには保険も必要かなって。


明日。
また手術をしたというツムツムのお見舞いに行ってきます。












| 未分類 | 22:18 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仔猫。入院10日目。

つい。一昨日。
お見舞いに行ったときは。
ちょっとづつちょっとづつ。回復してきてるかな?

・・みたいに見えたのに。




治りかけたしっぽを。
また自分でかじってしまって;

またしっぽに包帯巻いて。ちっさいカラーをつけてました。

カラーはね。
あまりに小さいコなので。合うサイズがなくて。(直径10cmくらい;)
看護師さんの手作り(*^-^*)w。



獣医さんちで可愛がってもらっています。




結局。
しっぽの先。関節一個分の骨を取って。
手術をしたんだけれども。

その前に。
原因はいろいろあると思ってて。


一番の原因は。

「末っ子で小さすぎること。」






サカタ(銀時)は里子にもらったとき。
生後2か月未満?くらいだったけど。
ふっかふかで毛玉のようだった。

のに。

もう生後3か月くらいはたってるはずなのに。
この仔猫ちゃん(名前はまだない)は

異様に小っさい(汗;・・














20190701_001.jpg
生後2か月くらいのサカタくん。


20190701_002.jpg
仔猫ちゃん(名前はまだない)生後3か月くらい。




IMG_201900701_001.jpg




手術したしっぽは。今のところ順調だけれども。

すごくすごく。小っさくて。
食べたごはんを吐いてしまうので。

看護師さんが。
1時間ごとに高カロリーの流動食を流し込んで。
30分縦抱っこをして。
なんとか消化させているという・・。

それでも体重が500gを減らないところをなんとかキープできる範疇という・。
10年来のかかりつけの獣医さんだからこそ。
面倒をみてもらっています・・。



本当に。感謝!!






| 未分類 | 23:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月